久々の「完徹」(完全徹夜)46時間…

  • 2013.01.05 Saturday
  • 23:55

2013年1月5日(土)

久々の「完徹」
(完全徹夜)

46時間…



このトシで。
やりました。徹夜…。

しかも…46時間くらい起きてました。

仕事は山積み。
氷山切り崩すように
氷山の一角イッカクを崩し続ける…

やってもやっても
終わらぬ
ピアノ関連事務仕事




1月3日、朝7台にめざめてから…
1月5日の明け方5時半まで…

46時間

一睡もせず。


1月4の午後、もちろん仮眠をしようと思ったのですが
どんどんどんどん
目が冴えて

眠れない
症候群に。


眠れないツブヤキだか悲鳴だかを
わざわざ、私より超々忙しいかたに
メールで送ってしまったり。
(…ごめんなさい)



1月3日

やっとパソコン仕事快調に進むようになり。
気がつけばもう1月4日朝6時過ぎ。
調子にのって徹夜

これくらいは楽勝なのですが…


そのあと…眠りそこなった原因があるのです。




昨年もブログりましたが

1月4日1年で一番ドキドキの…

翌年の発表会会場の抽選!!の日

このドキドキが
眠れなくなった最大の原因?


抽選といっても今年
の分の抽選ではありません。
1年と3月先発表会会場抽選なのです。

朝一番で、会場に行っていないと抽選権利がなくなってしまうのです…


1月4日


徹夜仕事したら、もう朝6時半
朝8時過ぎには家を出なければならないので
寝ている場合じゃない!

お風呂に入ってリフレッシュ。


ここ何年か
ある生徒さんのお母様に
抽選に同行していただいています。

20130104府中の森芸術劇場02逆光
1月4日の朝一番↑府中の森芸術劇場。
池には氷が張っています…寒い!


クジ運がない私。
しかも、
緊張でガクガク
心臓はバクバク

心臓発作起こしそう
脳圧高まりそう



抽選は…
9時前に現地に行って
希望会場希望日
表に書きこみ、その後(抽選が)行われるシステム。



府中の森芸術劇場には
3つのホールがあります。


豪華なのに一番安い
ウィーンホール(音楽ホール)
2011年4月25日眞對れいこピアノ教室発表会文字入り





豪華さは欠けるが値段は高い
ふるさとホール
(能や舞踊やバレエ向き)
2012年4月15日発表会写真



芸能人級が使用する超お高い
どりーむホール
(画像なしです。すみません)



9時ぴったりに希望が閉め切られてしまい、それ以降の希望の変更はできない決まり。


眞對教室の発表会は
12時間発表会なので
まるまる全日を借り切る必要があります。

20130104府中の森芸術劇場抽選01噴水逆光
同行していただいた生徒さんは
氷の張った外の噴水で遊んでいました…今日が誕生日



今回(2014年)はウィーンホールはザンネンでしたが

ふるさとホール


4月27日(日)

ゲットできました!


私はふるさとホールがけっこう好き
ピアノ発表会には敬遠される向きもあるようですが
必要以上な響きがなくて
ウワンウワンしなくて私は好き。

小さめのスタインウェイも心地よいし…。

それに
ふるさとホールの方がお
高いだけに
ホワイエなど、とても広々しています。
舞台も実は広いんです。
お能もできるくらいですから。


ふるさとホールならば
昨年のようにまた
スクリーン画像を映写して
息子と弾き語り共演!も叶います。



ちなみに今年(2013年)の発表会は…
4月28日(日)ウィーンホール

ゲストは安達朋博さんです。

安達さんは最近さらに人気上昇
多くの音楽家にも高い評価
大阪でのクリスマス・リサイタルも大成功。
大阪では「セレブ」と評されるにいたっています。




さて
徹夜46時間!の話でした。

そんなドキドキ抽選のあと
家にはビジネス来客


気が張りまくり
お昼寝もままならず。

時間無駄にできないぞ、と
パソコン仕事を始めたら…

さらに目が冴えて



1月5日の…17時。

これはマズイな
もう起きてから34時間だ。
横になっても眠れない。


マズイな…(> <)

と焦れば焦るほど結局寝られず
少し外出。

ところがさらに頭は冴えわたり
(…たしか40時間起きてるよな…)
とか思いつつ。


で、なんだか40時間超え
さすがに最後の2〜3時間眠くなって朦朧としていましたが

きちんと寝たのは
1月5日の朝5時半過ぎ




ちゃんと寝ないと老化が進む
f^-^;)

徹夜はできても冷や冷やです。


さあて!

山積み仕事切り崩し
今日も今日とて頑張ります!

時折、メールやブログを書くことが
極上の息抜き&「心のおでかけ」です…


予告→1/8午前0時に長いブログ、アップします!

眞對れいこ

眞對れいこホームページ↓
http://www.shiroikabasan.com/

ちょっと渋谷へ出かけてみました

  • 2012.12.27 Thursday
  • 23:59

2012年12月27日(木)

ちょっと渋谷へ

出かけてみました

20121227渋谷で買い物11迷子109


2012年1226

年内のピアノレッスンが終わりましたが


12/2812/30まで

数学家庭教師」のお仕事。
中学生に数学を教える特別レッスン。

 

12/311/11

家で缶詰めになって

事務仕事



だけどぽっかり

12/27だけは自由な日!
(^o^)

 
この日だけは

「非日常」を満喫したくて

渋谷に出かけてみました…★

 

ふわふわ

夢心地でいられた数時間日記です

 
時間をゆったり使えるOFFの日。

贅沢な数時間…


//

20121227()

待ちに待った

この冬1日だけのOFFの日。


今日だけは他のすべての用事
OFF!


…と思いましたが
スッキリした気持ちで出かけたくて
2時間かけて家を片付け
家の中をスッキリモデルルーム化

20121227渋谷で買い物00モデルルールにしてから外出

新宿実家

残置物廃棄」代金を

駅前のATMで振込み。

そしてへ。


いつも何かしら時間との勝負。

大人は皆そうですが。


たまには時間を贅沢に。

と、のんびりゆったり各駅停車。


15:48発の電車に乗って

乗り換えずゆったりと各駅停車のまま


16:20八幡山を過ぎたあたり


車窓に視界が開け

大きめのまんまるの夕陽が
オレンジ色に光を放つ。

20121227車窓の夕暮れイメージ加工切抜き

空の低いところでパアーッと元気いっぱい
まぶしいオレンジの光彩。

光の矢が大きく空に羽ばたく感じ


あまりに綺麗で 
みとれているうち

思わずにっこりしてしまう自分に気づき


なんだか幸せな気持ち

ふわふわのついた

グレーのマントを纏っていると
 

なんだかとっても

守られ感

20121231グレーのふわふわマント逆光
これが私のグレーのマント

 

ふわふわマントと同じくらい

ふわふわに…。


20121207ふわふわマント元町中華街01逆光縮小
これは12/7横浜での写真です


渋谷に着いたのが
16:41

マークシティ口(西口)に降り立ってみました。

たぶん、私が入った建物は

マークシティ西の果て。


入ったお店は
生活感無い
生活雑貨
のお店

 

石鹸のような良い香り
細長くどこまでも続く
広い広い店舗

 

フランス雑貨のお店っぽい。
エッフェル塔を模した小物もあり。



金色が大好きな私の目に
飛び込んできたのは


小さな金色のまるい缶

20121231トラベルキャンドル02

 

なんだろう?

トラベルキャンドル


って書いてある。


ふぅーん

 

旅行先でキャンドルを灯したい

そんなニーズのためにあるのか

 

さぞ、素敵だろうな

そんなシチュエーション。

 

金色の缶のフタをあけてみると

20121227渋谷で買い物01金色トラベルキャンドルふたあけ切抜き


ほのかに

良い香りの漂う

ホワイトキャンドル。


SEDA FRANCE
 

というフランスのブランドの

(原産国:アメリカって書いてありましたf^_^;))


トラベル キャンドル


トラベル・フルール

20121231トラベルキャンドル01

 

…とにかく金色の缶に入っているのが気に入ってしまい

 

買おうかどうしようか

ひとしきり悩み

迷ったあげく

 

「非日常」象徴のような気がして

 

金色のトラベルキャンドルの缶をカゴに入れました。


そして次に見つけたのは


金色の名刺入れ

 

名刺

いつもお財布に入れてたな。

名刺入れなんて持ってなかったな

20121231金色の名刺入れ01

 

キラキラジュエリーとレースをあしらった
金色名刺入れ

 

これもカゴに。



それからみつけたのは

金色の飾りのついた
金色のヘアゴム

 

20121227渋谷で買い物02金色トラベルキャンドルと金色名刺入れと金色ヘアゴム

あまり、髪の毛を結んだりはしませんが
ごく稀に結ぶ必要がある時

実に夢のないゴムで

髪の毛を縛ってしまうもんな…。

これも、カゴ行き。



ふわっとお買い物をしたくて

そのお店では
この3つだけ、買いました。


なんだか優雅な感じ…(*^o^*)



このフロアには他にもそんなお店が。

全部で4店舗

 

ガラスや

アンティークや

アロマや

素敵な食器

 

ぷらりぷらりと眺め

 

時間に追われない自由な気持ち
を満喫し続け

 
金色のアンティーク調写真立てや
金色の食器や

木製の小さな小さなハーブスプーンを見つけたけれど買わず。

あまり、荷物を持ちたくなかったので。


でも、足もとが寒くて
レッグウォーマーをさがしていたら

ふわふわグレーの毛と
キラキラ飾りの
夢満載ブーツが。
 

20121227渋谷で買い物03ふわふわ夢ブーツ

とても小さくみえたのに
Lサイズ
履いてみたら確かにピッタリ

これ、ください。履いて行きます

反対に
自分が履いてきた靴を包装してもらい。

…けれど残念 (>_<)

お店の包装ビニール袋は

ピンク


履いてきたクツは

ピンク色の袋に入れられて…。



今日の
金色とグレーと黒とキラキラ

カラーコーディネイト・コンセプトからは逸脱色


今日だけはピンク色がはばかられ。

同じお店に素敵にディスプレイされていた


黒のヒラヒラバッグ
も買って
ピンクの袋をその中へ

 

 

20121227渋谷で買い物04黒のひらひらバッグ

買ったもの総まとめ

金色の丸い缶入りフランスキャンドル

金色のキラキラ付き名刺入れ
金色の飾り付き金色ゴム
グレーのふわふわとキラキラ付き夢ブーツ
黒のひらひらバッグ

20121227渋谷で買い物05買ったモノ勢ぞろい


私の服装は
グレーふわふわマント

カラーコーディネイト成立



17:12 
待ち合わせ人からメール到着。

もう新宿駅から山手線に乗った
もう代々木とのこと。


急いでマークシティの外に出るが
方向がわからない
京王線井の頭線の渋谷西口


冷静に「」の方角を

iPhoneアプリマップ

STAR WALKで探せばよかったのに
f^_^;)


あせってウロウロ


やっとスクランブル交差点に辿りつき
指定された 109 の建物を見つける。

でもMEN'Sって書いてある

20121227渋谷で買い物10迷子109

 

_;)
違いそうだな…。
ここじゃなさそうだな……。。


iPhoneアプリマップで調べると

109複数あるしf^-^;)

 

たぶん、自分は待ち合わせの場所にいないんだとわかりあせる



私は新宿生まれ新宿育ち

新宿はかなりくまなくわかるけれど


昔っから渋谷オンチの私。

高校のころから

渋谷は何度行っても覚えない。

大学になっても

社会人になっても…(^^;;

しかも道が放射状とかになっていると

私は方向把握できなくなる

いわゆる「方向オンチ」。

もしも砂漠迷い子になったら
私と一緒にいたら誰も
オアシスに戻れない感じ。

私は見事に「反対方向」に行ってしまう
ザンネンな特技をもっている


//


ふと、昔の記憶がよみがえる…

小学5年生の時の遠足

こどもの国オリエンテーリング

今思えば
さして難しくない
簡単なオリエンテーリングだったのに


私のグループだけ、遭難


(^^;; もちろん、私のせい。
さながら樹海の中を彷徨う一団。


やっと、集合場所辿り着いたとき
もうバスの出発時刻ギリギリ
先生がたもオロオロなさっていたのを覚えています

お弁当は帰りのバスの中で。

私は不思議楽しかったけれど
一緒のグループの人々にはさぞかしうとまれたことと。

_;)


 

//

さて、12/27渋谷の話に戻ります。

20121227渋谷で買い物11迷子109

109MEN'Sで待っている私に

待ち合わせ人から電話

 

やっぱり、違う場所だった。((((;゚Д)))
自分がどこにいるのか、説明すらできない私。


夕刻渋谷の雑踏彷徨ううちに
待ち合わせ人は私の思っていなかった方向から現れる。


やはり…

ものすごく方向感覚を逸していた私


近視の私には
渋谷の街の灯りがぼやけて
はかえって綺麗に見える



非日常時間ぽわんと夢気分で

思考回路もゆっくりモード。


ふわふわ夢ブーツもあったかで

ふわふわマントに包まれて

渋谷の街を歩く


なんだかふわふわ (^^)

 
20120518渋谷and peaple02


道玄坂の 灯りのお店
and peaple へ。

ここは以前、待ち合わせ人に連れてきていただいたカフェ

やり手社長N氏のお店。

とてもはやっています。


今年5月

レッスンが終わったある夜遅く
初めて来たお店。

道玄坂の 灯りのカフェ

and peaple

20120518渋谷and peaple05切抜き逆光

母の死から2週間後

が亡くなって心が不安定なとき

  

 

ともしびが必要だった…

そんな時に来たお店。


and peaple

20121227渋谷で買い物12and peaple


灯り無数

不規則にたくさんともっています
 
20121227渋谷で買い物13and peaple

 

カヴァ(スペインのスパークリングワイン)
灯りを映したグラスで飲みながら
とりとめのない話。


20121227渋谷で買い物14and peapleカヴァ切抜き逆光

 

懐かしいコンピュータSE時代の話から
仕事の話〜
娘のサンタ話まで。

得意な手相の話も



23時に帰宅するべく

渋谷を出て電車に。


さて私には

御守り的にどうしても欲しいものが。

 

「ライブ映像付き珈琲ベンディング・マシーン自動販売機のキリマンジャロ珈琲の紙カップ」

 

つまり紙のカップ

20121214キリマンジャロ紙珈琲カップ
12/7に買った珈琲の紙カップ↑
12/14も深夜まで練習していた時の写真


この紙カップ
夜中も頑張ってピアノ練習仕事に耐えられる御守りのような存在。

 

横浜での演奏の帰りに買った珈琲の紙カップ。



その珈琲紙カップ大切に使い続けて

夜中のワルトシュタイン練習を頑張っていたのに

いつの間にか家人に捨てられ

 
どうしても

またあの珈琲紙カップが欲しくて
少したいへんな思いをしてゲット成功!

 

20121227渋谷で買い物17キリマンジャロ

20121227渋谷で買い物18キリマンジャロ

20121227渋谷で買い物19キリマンジャロ


20121227渋谷で買い物20キリマンジャロ

 

ジャスト23を少し過ぎ、帰宅。

 

ふと見上げた星空は

 


月の近くで輝く木星

オリオンも。

 
非日常数時間
も終わりを告げ。



非日常の余韻は…

 

金色の小物

ふわふわマントと

ふわふわ夢ブーツ

珈琲紙カップ

渋谷の街歩き
灯りの店のほろ酔いグラス


たくさんの生きるチカラ
魔法アイテムゲット
の数時間でした。


大切ですね
深呼吸ふわふわ

 
いくつになっても。


眞對れいこ…☆彡

眞對れいこホームページ↓
http://www.shiroikabasan.com/


 

12月の横浜 幻想光の夜

  • 2012.12.25 Tuesday
  • 23:51

2012年12月7日(金)

12月の横浜 幻想光の夜




20121207横浜57夜景

20121207横浜42夜景

20121207横浜28赤レンガ倉庫




このブログでは
横浜の夜景を…。


幻想的な異空間の想い出を。

20121207横浜23赤レンガ倉庫


12月7日
ちょうどこのころ、忙しくて
このブログをすぐに書き始めたものの、なかなか完成させることができませんでした。



20121207横浜29赤レンガ倉庫


このブログ完成は…
2013年の1月6日。

なんと
もう年が越えてしまいました。

でも
書き始めた日付でアップさせていただきますね。

どなたか見つけてくださるかたは
いるかな?




文章は翌日すぐに日記に書きつけておいたものなので
それなりに鮮度失われていないかと…。


20121207横浜01イギリス館



2012年12月7日金曜日

横浜の「イギリス館」というところで
ピアノを弾きました。


20121207横浜02イギリス館


あるコンサートの
フルート伴奏
ピアノソロ



20121207横浜04イギリス館

イギリス館のエントランス↑

20121207横浜05イギリス館


イギリス館はかつての英国総領事の公邸。昭和12年に建てられたそうです…



20121207横浜06イギリス館




イギリス館の中にあるホール↓

20121207横浜07イギリス館フルート
 


私が弾いたフルート伴奏は
シューベルトのソナタ第1番

 

当日やはり演奏のためいらしていた
安達朋博さんに
ビデオカメラを渡し

ビデオ撮影していただきました。

私の伴奏とソロ。





…ちょっと贅沢だったですね。
快くビデオ撮影して下さった
安達さんは
本当に気立てのよい青年ピアニストさんです。
ありがとうございました。

 

 


演奏会終了後の安達朋博さん。↓

20121207横浜08イギリス館安達朋博





演奏会を終えたあと
有志の皆さまと
外人墓地へ。






外人墓地の入り口の門↓

20121207横浜11外人墓地



外人墓地を訪れるのは初めてでした。
20121207横浜12外人墓地



敷地内↓

20121207横浜13外人墓地逆光


これからヴィノグラードフ先生のお墓参り…

20121207横浜14外人墓地切抜き


外人墓地の中
ホンモノの夕陽とホンモノの逆光
(加工してありません)

20121207横浜15外人墓地夕陽




お墓参りのあとは元町へ。

20121207横浜16元町


さすが元町。建物もおしゃれ…
20121207横浜17元町


みなさんでお茶を…。

20121207横浜18元町

 

 

 

 

皆様とおわかれして
そのあと…

横浜の…尊敬する、ある先生と落ちあいました。

 


先生の事務所には
キーボードエレピが数台とエレキギターベース
作曲用機材などもたくさんつないである…



エレピでワルトシュタイン第3楽章を弾かせていただきました。


「このエレピこんなすごい音が出せるなんて!」
と驚いてくださった先生

「演奏の良さは楽器の良し悪しに因(よ)るばかりじゃないんですね」
…なんて言葉まで。

 

私はとても嬉しかったです… 




 

さて夜景はやはり赤レンガ倉庫街

20111207横浜赤レンガ倉庫13切抜き0

この日は電車ではありませんでしたが
赤レンガ倉庫街へは
電車で行くなら
馬車道駅」で降ります。


これは一年前2011年12月7日)の写真↓
20111207横浜馬車道駅ホーム02切抜き





馬車道駅を降りると

赤レンガ倉庫街はほどなく見えてきます。



20121207横浜41夜景



または…
みなとみらい駅のほうから歩いてやってくると…


20111207横浜赤レンガ倉庫16切抜き

↑こんな景色や



↓こんな景色を見ながらの

20111207横浜赤レンガ倉庫18


光る線路の道が続いています。



光のアーチ↓ をくぐると…いよいよ
赤レンガ倉庫街に近づきます。


20111207横浜赤レンガ倉庫15近く

残念ながら今回は
みなとみらい駅からの光る線路の道は歩きませんでしたが、別な「光る道」を見つけました。




20121207横浜27赤レンガ倉庫

20121207横浜26赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫街。

その昔「あぶない刑事
で撮影に使われた場所です。

今ではこんなに素敵なスポットに。


20121207横浜28赤レンガ倉庫


今年もクリスマスツリーはとても綺麗


20121207横浜21赤レンガ倉庫クリスマスツリー



ほんとに夢の中にいるような。


ツリーの根もとにが据え付けてあり、親子やカップルが鳴らす順番を待っています…↓
20121207横浜25赤レンガ倉庫逆光





20121207横浜20赤レンガ倉庫クリスマスツリー
 このへんに鐘があります

20111207横浜赤レンガ倉庫13切抜き01





陽はとっぷり暮れていて



20121207横浜32赤レンガ倉庫


お店では
ホットワインやソーセージ
ビールやチキンや…。




いたるところに
トンガリぴかぴか」が光り。

20121207横浜30赤レンガ倉庫



このとんがっているピカピカがとても気になって

ズーム!



20121207横浜31赤レンガ倉庫


素敵な花火みたいなライトです。

さわってみると…

20121207横浜29a赤レンガ倉庫手あり

トンガリぴかぴかはかなり固い。
(期待どおり)



20121207横浜40夜景切抜き

赤レンガ倉庫を通り抜けると…


20121207横浜44夜景海に映る赤レンガ倉庫

すぐにに出ます。


20121207横浜35夜景切抜き


横浜
人もまばらな
海沿い
ひろびろ
贅沢空間

幻想イルミネーション
の中


海には光る船。

20121207横浜38夜景光る船縮小

思いっきり光ってるな…

20121207横浜39夜景光る船縮小



海と反対側には

不思議なイルミネーションのドミノ倒しみたいなでっかいオブジェ


20121207横浜55夜景

20121207横浜47夜景切抜き


最初はピンク帰りはブルー
刻々と色が変わるらしい…。




幻想イルミネーションのせいか
あまり寒さを感じない。


とにかく海沿いを歩いてみる…

20121207横浜35夜景切抜き


ふと目が対岸に。
あの…対岸に見える青い光
大きな平べったいアレは何だろう?


20121207横浜35夜景切抜き青い光楕円

 

もいる。

 

でもかなり遠そう(>_<)


でも…。

いってみよう!



20121207横浜54夜景切抜き


海沿いをひたすら歩く

ものすごく綺麗!
夜の内海。

 

イルミネーションが海に映って…。


赤レンガ倉庫の方向からは
鐘の音が時折

カァン、カンン


それがまた、風情を増す。
 

そのはあの大きなクリスマスツリーの根もとに
据え付けてある例の鐘。



今、誰かが鳴らしている
と思うと妙に嬉しいほっこり感。


たしか…「愛の鐘」とか名付けてあったかな…?

20121207横浜43夜景

「青い光の対岸のアレ」に向かう途中、ずっと光る道が導いてくれる。

20121207横浜42夜景


20121207横浜36夜景

だんだん
不思議なライトアップの建物が近づいて…



20121207横浜46夜景

次第に「対岸のアレ」も近づいてくる。



迂回して辿りついた

青い光
大きなひらべったい

ソレ
は…。


大桟橋(おおさんばし)


正式名称は

「大さん橋

国際客船ターミナル」




不思議な不思議な空間


20121207大さん橋99切抜き


大規模なのにほぼ木でできている
桟橋ですからあたりまえなのかな?

細長い板ウッドデッキ
敷き詰められた大規模な木の桟橋


↓巨大なウッドデッキ
20121207大さん橋99切抜きウッドデッキ


文字通り「大桟橋」。

感触足に心地よく

ふわふわ歩ける。


手すり
オブジェ風除け
入口街灯

とにかく、「直角」な線が無い!


ワザとグニャグニャ。
か…

斜め
か…

曲線




すごいデザイン

そして照明は…

ひたすらブルー


本当にこんな青い色ライトアップされているのです


20121207横浜58夜景


桟橋の果ての果て


外国航路の船
遠い海からここにやってくる…



ちょっと調べてみました。

国際港
にふさわしいデザインを…
ということで

「大さん橋国際客船ターミナル」の建設にあたって
国際デザインコンペ建築デザインが競われたそうです。

世界41カ国から、660作品もの応募が。

日本で行われた国際コンペティションとしては最大級のものとなったのだそうです。


最優秀作品…つまり採用されたのは

イギリス在住の
アレハンドロ・ザエラ・ポロ(スペイン・マドリッド生まれ)という男性建築家

ファッシド・ムサヴィ(イラン生まれ)という大変な美人建築家
両氏の作品。



しかし本当に…変わっている。

「クジラのおなか」というオブジェかと思ったら、それが海の上のコンサートホールだとか

上記の写真のような
延々と続く曲線デッキとか

ガラス張り空間とか。

外灯もわざと曲がって建っているし…。




からガラス張りの屋内を見るとこんな感じ…↓

20121207大さん橋99ガラス張り切抜き




ガラス張りの空間からを見やると…
こんな感じ。↓


20121207横浜59夜景



外のベンチ

斜めのツイタテ海風遮られた

2本の金属棒
それが
ベンチ。


 

ガラス張りの中は
青いほの灯りの空間




20121207横浜58夜景


ほら…
ぐにゃぐにゃ

写真が変なのではありません。
本当にこの通りなんです。



そろそろ愛の鐘遠音も耐え…

桟橋の先っぽから
ひとしきり広い洋上を眺め

不思議ガラス張り空間を歩いて
帰路につくことに。


20121207横浜50夜景

また、海に沿って大迂回

でも、ピンクブルーのオブジェが
待っていてくれていたかのように
見送ってくれる…。


20121207横浜55夜景

↑よくみると、個々のオブジェには「扉」が。

20121207横浜56夜景


このオブジェ。
とても電力を喰っていそう…

でももっとよく見ると…



ものすごく省エネ
「光るオブジェ」

巨大ドミノ(?)
には
それぞれたった2本
蛍光灯(LED?)
使われているだけ。

素材デザイン力で
たった2本
電灯の光

10倍くらい明るくみせているような感じです。



この作品を造られた作家さんもまた…すごいな。



20121207横浜57夜景


20121207横浜51夜景長い影縮小

赤レンガ倉庫へ辿り着くと…

もうお店はしまっているのに

まだまだイルミネーションは
明るさをたたえていました…。




帰る道すがら

私の頭に浮かんできた曲は…


大好きな歌群。

マテリアル…椿屋四重奏

風になりたい夜…稲垣潤一
エスケイプ…これも稲垣潤一。

PRIDE…今井美樹


SINGLE NIGHT…スターダスト・レビューの一節…
 

「必要なんだ

 この歌が!」


この部分を夜に向かって朗々と歌いたくなり…



最後に急に安全地帯「悲しみにさよなら」

までが脳裏に…。



24時ジャスト帰宅

帰宅後すぐに
ワルトシュタイン1楽章の練習。
1時間経過。2ページ暗譜成功。
3ページめのトライ…



手に入れた紙の珈琲カップ
珈琲休憩しながら
横浜幻想夜景の余韻にひたる…

 

遠くから眺めた青い光を思い出し

もう一度
稲垣潤一の曲を口ずさんでいました


♪遠くから

 見ているなら
 胸を傷めることもない
 だけど…♪


遠くから見ているだけだった青い光
無理かと思って勇気を出して
歩いたら。

辿りつけたな…


あんなに遠くに見えたのに。
あそこで普通なら
あきらめるけれど。



冬の寒空
に導かれて歩いたら


あんなに素敵な不思議空間に出会えたな…


そんなことを
しみじみ思い幻想に包まれる私でした…


眞對れいこ

 

 

 

 


20121207横浜52夜景



眞對れいこホームページ↓
http://www.shiroikabasan.com/

 

 

 

夜の夢 記述すれば事実の記憶?

  • 2012.11.08 Thursday
  • 10:35

2012年11月8日(木)

夜の夢

記述すれば事実の記憶?


夢…。

夜にみる夢のことですが

みない人もいるらしいです。

でも私は必ず、みます。



私の夢は

…ついています 
…もあります 
香り…も。

ストーリーもけっこう楽しめます。

どんな夢を観るのか
毎晩わくわくしながら眠りにつきます。


夜に観た「夢」

まだ
鮮明なうちに
文章
にしたためておくと…

少し時がたってから読み返したとき
新たな記憶となって
生まれ代わります


書きつけた「夢」文章を読むと

忘れかけていた
その夢の映像を思い出し

 ↓

「夢」の記憶が
脳のどこか違う場所に刻まれ

 ↓

その「夢の記憶」も
実際の「事実の記憶」と

さして変わらぬ
過去の記憶
として脳裏に残るようです。


どちらも おぼろげな記憶


しかし夢は
忘れられない記憶となるような…。



でも、こんな夢
どうして観たのだろう?

と思うこともしばしば。



最近みた変な夢は…

2012年11月3日
の朝がたの夢。

 

ピサの斜塔倒してしまう夢

を観てしまいました…。

(^ ^;

ピサの斜塔なんて…
ここ10年、思い出したこともないのに。


夢の内容は…

 

ピサの斜塔の横に隣接する(という設定の)

まあるい平べったいドーム状の建物
(実際には無いのですが)の

しっくいの壁

チョイ、と指で向こう側に押してみた。

 

そこからは見えないが、
その向こう側にあるはずのピサの斜塔…

倒れてしまうかも…?
とドキドキしていたら

 

やはり
ズズズ…ンンン!!!

 

ラクダ色の…黄土色の砂煙が舞い上がる

 

大事件に発展してしまった。


指でチョイと押しただけなのに…

世の中は大騒ぎ

 

あまりに大きな報道、
私はかなり遠くの上空から街を傍観している


「実は私が指でチョイと押しました」

とは言えなくなっている。

言っても誰もそんなたわごと、取り合ってくれそうもない…

それでも、正直に言わなくちゃ。

正直に言わなくちゃぁぁ…!

 

 

そこで
目が覚めました…

  


 

//

どなたか、夢分析、お願いします。

//


 

 

ショックと、動揺、
いろいろなことが起こったこの1ヵ月…の権化?な

 

「夢」…の話でした。

 

くだらなすぎ。

読んでくださってるかた
(>_<)すみません


 

最近「悪夢ちゃん」というドラマを見ていて…。

 

「夢」をテーマのドラマでは

 

夢は、その人の内なるモノ

悪夢は「外からやって来る!」のか?

を問うていました。

 

う〜〜〜ん?



私の夢
色つき 味付き 香り付き。
音楽も流れます。

とってもおトク。


こうやって

たくさんの
いろいろな夢を筆記していくと…

夢だか現実だか

記憶はやがて混乱

もっと歳をとったとき

はたして
夢と現実

どちらの記憶が鮮明に残るのでしょう?

さすがに
「ピサの斜塔を倒しました」だけは
現実ではない、とわかりますがね。


眞對れいこ


眞對れいこホームページ↓
http://www.shiroikabasan.com/



 

夜の海

  • 2012.09.19 Wednesday
  • 11:19

2012年9月19日(水)

夜の海



昔…

「青い10円玉」
という話を書いたことがあります


もちろん非公開。

「昭和が終わってもう何十年もたったころ…」
という書き出しで始まります。

そしてもちろん
それを書いたのは昭和の時代。

「平成」なんて
知らない頃…。

昭和の刻印の10円玉を海に…。
その、海に沈めた10円玉が

海の中で静かに
人々の生き様を見つめる…

人生に疲れた主人公が
母を亡くし
海に呼びかける…


そんな話です。

キメゼリフもあります。
でも、それは秘密。


昔、私が銀座で絵の個展を開いたとき
(朝日アートギャラリー)

それを「詩」としてほんの一節を
発表した記憶があります。

ある知人に
「使っていいですか?」と
訊ねられもしました。


海…。

海は夜がいいです。
ひとりではきっと怖くて行けないでしょうけれど。



夜の海…

夜の波打ちぎわ…

夜の海の波の音…

夜の海に生まれる白波…

夜の海を見つめる夜の雲…

夜の海に寄せる波…

夜の灯台の光…

夜の海の香…

夜の海風…




夜の海風…。
ごおぉぉぉぉ…海風。



見たいな。
夜の海


夜の海風

そよそよ…でも
ごおぉぉぉ…でも

からだいっぱい
心もいっぱい

海風を
浴びたいな…。

//

今、この時が
人生の最終回だったら…。」

と思うときがあります。

きっと
今までで最上級の幸せを感じるとき
いつも思うような気がします。

一番幸せ。
もう、不幸を味わいたくない



私の人生は
最終回でしょうか

まだまだ来る大波小波
荒波…

波を乗り越え
それでも続く
"to be continued"でしょうか


いつもいつも…

人に面と向かっても
伝えたいこと…

10分の1も伝えられない


眞對れいこ


眞對れいこホームページ↓
http://www.shiroikabasan.com/


台風の夜に来客

  • 2012.06.20 Wednesday
  • 10:37

 2012年6月20日(水)

台風の夜の来客(6/21改訂版)


(ゆうべ遅くに自宅のピンポンが鳴りました…HYちゃんの話)
 


その前に宣伝。



2012年6月23日(土)

コンサートに眞對れいこが伴奏&独奏で出演します

ルミエール府中 

コンベンションホール飛鳥
14時開演〜15時終演予定


小岩井雅人(テノール)日本の歌リサイタル


入場無料です

懐かしい歌、次世代に伝えたい歌など…心がほっとあたたかくなるひと時をどうぞ。

//

ゆうべ6/19の台風4号…すごかったですね
(+.+)

レッスンを22時に終え、サロンを閉めて
昨日のラスト枠のレッスンだったHYちゃん(大学1年)と
バッグを特大ポリ袋で厳重に包み
楽譜を濡らさない対策。

ポリ袋を抱っこして歩くなんて大学生には…


「カッコ悪くて嫌かな?」
と私が言うと

HYちゃんは
「この嵐じゃ見てる人なんていないですよ」

それもそうだね、と
暴風の中、駐車場までなんとか傘をさして歩き車に2人で乗り込みましたが

乗り込み時にびしょびしょ。


いつも思うのですが…
この文明の時代に
車の乗り降りの時に
なぜ、雨に濡れることが改善されないかな??

どなたか何か発明してくれないのかしら?
雨に濡れずに車の乗り降りができる、そんな嬉しいクルマ。

車のドアポケットのラックに入れてあるロードマップが
幾度となく雨に濡れては乾き
ボロボロになり果てる姿を見ては

う〜〜ん。

と、疑問に感じ。
でもじきに忘れ。
そして豪雨時に車に乗るたび

ああ、そうだった。と乗降びしょびしょ不便さを思い出す。

傘をたたむタイミングが早かったり遅かったりで
傘が車を引っかいたり
無駄に自分や荷物が 

だ〜〜。。と濡れて不快になったり。

どなたか、画期的な発明をしてくれないかな…

と、ちょうど先週HYちゃんと話をしていたばかり



さて、ゆうべも。

歩いているときより車の乗降時にびしょびしょになりました。

あまりの暴風で傘さし困難

電車で帰るHYちゃんを
傘をささずに駅に飛びこめるよう
車で武蔵野台駅前ぎりぎりの場所で降ろし
(HYちゃんは府中に一人住まいしています)私は帰宅。

車を降りて玄関までの短時間で
あっけなくズブ濡れネズミに…。

頭から雨がしたたり、服はびちゃぐちょ。
着替えてくつろぎだしたその時。


自宅のピンポンが鳴りました。

HYちゃんでした。
京王線が止まっていたのです。
しまった、それを予測していなかった…
未熟な私。

かわいそうに

HYちゃんの傘は
骨が16本もある頑丈な高そうな傘だったのですが
骨はぐにゃぐにゃ
たためないほどにヒン曲がっていました…

自分の子供同然のHYちゃん。
もちろん、泊って行ってもらいました


HYちゃんは都内の某有名大学の建築学科に通う大学1年生。
彼女がお腹にいるときから
H家と我が家とは家族ぐるみのお付き合い


HYちゃんのお兄さんは
眞對教室の初代のメンバー。
いまだに電話でレッスンを続けてくれている大学生。

17年前、第1回眞對ピアノ教室発表会の写真にHYちゃんはお母さんにだっこされて写っています。

18年前に
私がピアノ教室を始めたきっかけは
私の息子の公園友達の3人に


「ピアノを教えてくれない?」

 

と頼まれたのがそもそもの発端。

その初代のメンバーの一人が
HYちゃんのお兄ちゃん。当時、幼稚園年中さん。


眞對れいこピアノ教室の歩みは
↓ こちら(私のHPの活動記録)をご覧ください


http://www.shiroikabasan.com/journal.htm

HYちゃんは第2回発表会から出演を続けてきましたが
実は…
HYちゃんが小学3年生のとき(お兄ちゃんは小学6年生のとき)
H家ご一家は、大阪へ…。

でも、眞對教室をやめることなく
以来ずっと

週一〜月一ペースで
大阪⇔府中電話レッスン
を続けてきたのです

HYちゃんは小学3年生で大阪に引っ越すとき、こう言い残したことを私は記憶しています


「将来、東京の大学に入ってひとり暮らしする。府中に必ず戻ってくる!」

彼女は10年前の公約を果たし
先週からナマレッスンを再開しました

とても熱心なHYちゃんは
先週は火曜にレッスン(グランドピアノを弾いたのは実に4年ぶり!)
そのあと、コンクールチーム生徒のレッスンを水曜・木曜・土曜に見学に来て
聴講していました。

20120612HY来訪急きょ夜食

これは、先週6/12にHYちゃんをレッスン後
自宅にお連れしたときに
15分で作った「急きょ夜食」

鶏肉を解凍し
今ハマりまくっている
「キプロスの塩」をかけてグリルで焼くだけで
とても絶品に。
あとはパスタ2種と岩手のワカメ。




スカイツリーのおひざ元の「そらまち」に
主人が仕事に出向いた際に
「塩屋」をみつけて買ってきたのが
 ↑ のキプロスの塩。
これをかけてお肉を焼くと、「うまっっ!!」と言われます。



思い起こせば
彼女が大阪に転居したのと入れ替わりに
眞對教室のコンクール参加が始まったのでした。


引越しがなかったら
自分もコンクールに挑戦していたろうに

という無念が、HYちゃんのピアノへの情熱を消さなかったばかりか
ピアノを弾きたい!という情熱を再燃させたように思います。

自分の後輩たちがこんなに上手くなっている…
神業、神々しい演奏。
電話では取得できないコンクールチームの演奏。

コンクールにも対応しうる真の弾き方に大変感銘を受け
自分のピアノ力の向上を強く希望しています。

レッスン再開から1週間。
忙しい大学の勉強をしながらも

私が出した宿題課題曲を美しく弾き
彼女の演奏は上達していました。

電話でだけ教えていたのに
彼女の指はしなやかに
正確に動く…

眞對式メソッドにより、読譜は速く、初見も完璧。

ただ、長年、ナマピアノに触れていなかったため
タッチが弱い。
それを克服すれば
コンクールにも出せそう…。


そんなHYちゃん。
小さいころから私の娘とは姉妹のように
仲良く育ってきました。

昔、HYちゃんが小さい頃は
毎週月曜日レッスンのあと、
H家と一緒に持ちより夕食大会をしていましたっけ。ホントに毎週…。

時はめぐり10年たって
また、こんな幸せな時間が。


昨晩
台風の嵐をよそに
我が家では突然の嬉しい来客でほんわか暖かい夜でした。

皆で「リーガル・ハイ」と「タイムスクープ・ハンター」の録画を観ている間に
私は疲れてソファで眠りに落ちました…



さて、今日は知り合いのピアニスト
安達朋博さんのコンサートです。

私はレッスンを休めず、残念ながら行けませんが
まだ少し座席はあるようです。
台風一過の今宵
安達朋博ファンのかたはぜひ。

前回の安達朋博さんのリサイタルのお知らせを私のブログに載せたところ…

行ってくださったかたが何人か。
その中の一人は
近くに会社のある私の主人。

日頃あまり会話をしない主人と私ですが
主人は私のブログを見て会社を夜、一時的に抜け出して
私には告げずひそかに私の代わりに安達さんのコンサートに行ってくれていました

他のかたからの情報で主人が安達コンに行ったことを知りました…

で、とてもよかったそうです。
今日も行ってくれるようです…

安達さんは夏にもまた大きなリサイタルを控えています。またご案内しますね。
今宵のご案内は以下↓

安達朋博デビュー5周年特別公演
〜ザグレブ弦楽四重奏団を迎えて〜

2012年620日(水)
五反田文化センター音楽ホール
*東急目黒線不動前駅より徒歩7分(西五反田6-5-1)
午後6時30分開場 午後7時開演
入場料5000円 (全席自由:250名定員)
<チケットお問い合わせ>
アルペジオ音楽企画 03-3418-5344
安達朋博・窓口 ミュージック・アート・ステーション 06-6858-0084
E-mail concert-ticket@live.jp

主催:ソフィア・アート・プランニング
マネジメント:アルペジオ企画
協賛:BIOFEEDBACKのヴェガ・システムズ株式会社
後援:駐日クロアチア共和国大使館/クロアチア政府観光局/クロアチアビジネスセンター


眞對れいこ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ケータリングの夕べ〜国立ル・シエル Le Ciel 〜in 眞對亭
    平田 大輔 (10/31)
  • Nさまへの感謝と返信と…孤独感からの脱却と…生きる意志
    小池康夫 (10/15)
  • 5万件超えに吃驚〜快適空間〜自宅レッスン室〜舌切れ〜指あと1本〜体重減少
    小池康夫 (10/07)
  • 子守唄は何がいい?       娘のこと〜中学担任・諸先生・友人〜創聖のアクエリオン〜濱屋の厚削り節
    小池康夫 (09/08)
  • 確定申告作業 終了〜H28年度経理〜小池康夫先生の理念とともに〜
    小池康夫 (03/17)

  • 石原 睦子 (02/04)
  • 追記 : 続 と 辞 〜抽選の行方
    みか (01/23)
  • 大島に行ってきました (癌になっちゃいました…32)
    小池康夫 (08/24)
  • 東京新聞に記事〜眞對友樹也(まついゆきや)〜「ラブなる」
    小池康夫 (04/04)
  • 小池康夫先生ラジオ出演終了〜眞對の学び〜
    小池康夫 (03/30)

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM