すこしのちに長めのブログを

  • 2012.05.07 Monday
  • 13:06
2012年5月7日(月)

4月15日の発表会
大成功でした。

ひとり残らず
生徒さんたち、素晴らしい演奏でした!

ご協力くださいました皆様、感謝いたします。

4月15日の発表会のあと・・・

発表会の翌日から

とある理由で2週間の間
家へ一度も帰れず・・・
レッスンもお休みさせていただきました

一生懸命、その2週間を過ごしました・・・

ブログは更新できませんでしたが

そのかわり毎日、つぶやきを綴っては
自分のパソコンへメールで送っていました。

もうすぐそのお話ができるのかな・・・


お話は終わりが始まり

紺碧の青い空とスーパームーン

5月5日
あの日の空の青かったこと
あの夜の月が大きかったこと…

それが終わり。

でもそれを始まりに書きます
そのお話・・・



ところで・・・

5月に入り、帰宅しました折、
お手紙をいくつかいただいていたのを知りました。

生徒さんや、励ましのお手紙に混ざって

私の息子が小学校2年の時に担任してくださいました
M・S先生からのお手紙がありました。

もっと前にくださっていたのに
読んだのが5/3でした。

本当に本当に嬉しくなりました…

あの発表会にいらしてくださってたのですって・・・
しかも、最後まで。
大きくなった息子を見て下さったのですって

ありがとうございます。
お会いしたかったです・・・

いろいろな素敵なお客様がいらしてくださった
第17回眞對ピアノ教室発表会のご報告もまたいずれ。


眞對れいこ





新宿へ向かう青い空

  • 2012.02.28 Tuesday
  • 12:55
 2012年2月28

新宿へ向かう青い空〜父の航海スケッチ


20120103新宿へ向かう空5

2月は「逃げる」…「2」と「に」をかけるこの言葉
毎年つくづく思います。

なかなかブログ更新をする余裕も無く
あっという間に2月が去ろうとしています。

この2月の「短いぞ感覚」。
なぜだろう?と、毎年不思議に感じるここ何(?)十年。

1月はとても長く感じるのに
2月は「あっ」という間に過ぎていく。

「20日」を過ぎたころの気持ちは
1月と2月でかなり異なる印象。

1月20日ころ→「まだ1月だ・・・もうじゅうぶん1月を生きたぞ」
2月20日ころ→「えっ?もう3月!?・・・2月、短っ」

2月は「小の月」といっても
1月とは2〜3日しか変わらないのに何故?

錯覚の一種なのでしょうけれど・・・
(このナゾを分析すると、論文でも書けそうですね)


まあ、これくらいにして次へ。


「今日はいいお天気ですね」

これは道端でばったり会った知り合いへの
「とっさの社交会話」。

ただし、昭和30年代〜それ以前生まれの一部の日本人のものと思われますが
(^−^;)

大学の授業の時に
「天候の良しあしを挨拶代わりにするのは日本人特有な不思議な感覚」

的なことを聞いたことがあります。

知り合いだし、何か話しかけたいけれど・・・
共通な話題が思い浮かばない!

そこで、そのスポットに共通な「天候」の話題が助っ人となるのですね。

それに、青い空をあおぐと嬉しくなります。
それで思わず口走ってしまうのでしょうね・・・

「今日はいいお天気ですね」

底抜けの青い空。
もう何千回嬉しくなったのでしょう・・・(ひょっとして一万回超え?)

何回見ても朝の青空は心がウキウキ。

ふだんあまり外を出歩かない私も
今年の1月はけっこう外出しました。

一番、印象に残った空は・・・
今年の1月3日。新宿の実家へ車で向かう途中でみた高速道路上空の空。

真っ青な空に大きな数本のすじ雲。
以下、2012年1月3日の東京の空です

20120103新宿へ向かう空1

車内からアイフォンで撮った映像です。

アイフォンの画像はかなり綺麗なので
調子にのってぱしゃぱしゃ。


調子にのって道中全画像載せます。

まず、高速に乗り・・・
「おおっ! 不思議な雲!」 ぱしゃっ。

20120103新宿へ向かう空2

なんだか見事な放射状。

20120103新宿へ向かう空3

感動してまた撮る。

20120103新宿へ向かう空4

左手を見やると・・・

20120103新宿へ向かう空5

おお〜。絵になる感じ。ぱしゃっ。


20120103新宿へ向かう空6

まだまだスジ雲は健在。

20120103新宿へ向かう空7

う〜ん。絶景絶景。
いったいスジ雲はどこまで続いているのかな?

20120103新宿へ向かう空8

うひょ〜♪ ぱしゃぱしゃ♪
(もはや後部座席の家族はあきれ顔)

20120103新宿へ向かう空9

新宿が近づいてきました。

20120103新宿へ向かう空10

スジ雲は、新宿方面上空にかかっていたもよう。

20120103新宿へ向かう空11

新宿中央公園付近。
ここら辺です。
私の生家があった場所。

原っぱがあったあの場所。

今は道路が通ってしまったけれど
淀橋浄水場のすぐ近く
淀橋第三小学校の裏門のすぐ近く。

道路ができて立ち退きました。
昔の地名は「淀橋」です。

20120103新宿へ向かう空12

スジ雲は放射状ではなく、平行にみえます。

このあたりは東京マラソンの出発地点。

20120103新宿へ向かう空13


20120103新宿へ向かう空14 20120103新宿へ向かう空15

↑ ビルに映るビル。でも、青空に溶け込んでいる・・・。


さあ、青梅街道に突き当たり
右折。

懐かしい場所。
私が住んでいたころ、こんなビル群はひとつもありませんでした。

20120103新宿へ向かう空16

青梅街道です。

画面左手前方には、西新宿駅(東京メトロ丸の内線)。

私が大学生のときにはまだ、この西新宿駅がなく不便でした・・・
自宅から新宿駅までてくてく10分歩いていましたっけ。

↓ 画面の向かって左が西新宿駅。

20120103新宿へ向かう空17

写っていませんが画面右手方面に東京医科大学病院。↑


西新宿駅を曲がり青梅街道から撮影。↓
実はこの写真の中に自宅を眺めることができます。
自宅がどれかは・・・ヒミツです。

20120103新宿へ向かう空18

手前の怪しい「影」は↑
アイフォンをかざした私の影です。


こうして、久々の実家に着きました。

青い空を撮りながらたどり着いた実家では
初めてみる亡き父の遺品
「航海スケッチ」と対面しました。

鉛筆で描かれたモノクロスケッチには
「1947年」と書かれてありました。

1947年父の航海スケッチ表紙

1947年父の航海スケッチ日付入り

1947年父の航海スケッチ扉絵大

ラングーン、シンガポール、マニラ、沖縄、釜山、鹿児島、マニラ
の文字が。

文字部分拡大↓

1947年父の航海スケッチ扉文字切抜き角大

もちろん「對」は「対」の旧字ですが
私の結婚後の姓の「對」の字が書いてあってなんだか嬉しい。

1947年航海スケッチ昭和22年切抜き

1947年航海スケッチ昭和22年切抜き拡大ぼかし

↑ 昭和22年の文字も見えます。


20120103父の航海スケッチ21マニラ富士

↑ マニラ富士

20120103父の航海スケッチ17桜島

↑ サツマ富士・・・桜島のことですね

20120103父の航海スケッチ16サツマ富士と舳先

↑ 「サツマ冨士ヲ望ム、鹿児島湾ヨリ」と記されています。

20120103父の航海スケッチ18

↑ ラングーンと書いてあります。船から見た港町風景でしょうか・・・


20120103父の航海スケッチ08

1枚にいくつもの風景(島の画像)が描かれています。

20120103父の航海スケッチ09

船で長い航海をしていると退屈で退屈で
ギターを弾くか
歌うか
囲碁将棋かスケッチか・・・

という昭和20年代。

1947年父の航海スケッチ船室窓

↑ 船室の窓から見た島と海


どこまでも続く海と空

私は今までこんなスケッチの存在を知らずにおりました。

父が生きているうちにもっともっと話を聞けばよかった・・・
後悔、先に立たずですね。


船乗りだった父が20歳の若いミソラで見た青い空は
どんな青だったでしょうか・・・。

「航海」と「後悔」をかけたブログを
「公開」します〜


眞對れいこ


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ケータリングの夕べ〜国立ル・シエル Le Ciel 〜in 眞對亭
    平田 大輔 (10/31)
  • Nさまへの感謝と返信と…孤独感からの脱却と…生きる意志
    小池康夫 (10/15)
  • 5万件超えに吃驚〜快適空間〜自宅レッスン室〜舌切れ〜指あと1本〜体重減少
    小池康夫 (10/07)
  • 子守唄は何がいい?       娘のこと〜中学担任・諸先生・友人〜創聖のアクエリオン〜濱屋の厚削り節
    小池康夫 (09/08)
  • 確定申告作業 終了〜H28年度経理〜小池康夫先生の理念とともに〜
    小池康夫 (03/17)

  • 石原 睦子 (02/04)
  • 追記 : 続 と 辞 〜抽選の行方
    みか (01/23)
  • 大島に行ってきました (癌になっちゃいました…32)
    小池康夫 (08/24)
  • 東京新聞に記事〜眞對友樹也(まついゆきや)〜「ラブなる」
    小池康夫 (04/04)
  • 小池康夫先生ラジオ出演終了〜眞對の学び〜
    小池康夫 (03/30)

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM